柔道整復師とスポーツトレーナーの資格

TOP > 大阪の柔道整復師の学校について > 柔道整復師とスポーツトレーナーの資格

柔道整復師とスポーツトレーナーの資格

学生時代にスポーツをしていた人は、自分がしていたスポーツに関係する仕事をしたいと考えるかもしれません。
また自分がしていたしていていないに関係なくスポーツに関わる仕事をしたい人もいます。
スポーツに関わる仕事としては一番はプロになるでしょうが、野球にしてもサッカーにしてもなれるのはトップレベルの技術を持った一部の人だけです。
オリンピックなどの大会を目指しながら実業団でスポーツをする時もありますが、こちらも誰でもなれるわけではなくトップの一部の選手のみでしょう。
高校時代の成績などを自分なりに振り返ってみて、プロなどになれるかどうか考えてみましょう。
もしプロになれそうにないと考えるのであれば、プロ選手のサポートをする仕事や、他の人がスポーツをするのをサポートする仕事を検討すると良いかも知れません。


スポーツに関わる仕事としてスポーツトレーナーがあり、実績がある人はプロチームなどに帯同して選手のコンディショニングなどを任せてもらえます。
専門学校においてコースが用意されているのでそちらで学ぶと良いでしょう。
スポーツトレーナーのコースだと基本的にはスポーツトレーナーになるための技術や知識が学べ、民間資格などの取得もできます。
ただ日本ではスポーツトレーナーの国家資格があるわけではなく、誰でも技術があれば行える仕事です。
そこで柔道整復師の資格とスポーツトレーナーの資格の両方を取れる学校に行くことを考えてみましょう。
柔道整復師は整骨院などで骨折の治療や肩こりの治療などを行う医療資格です。
体の構造などに関する知識を持った専門家になり、スポーツ選手のコンディショニングを行っている人もいます。


柔道整復師の資格だけでもスポーツトレーナーになれますが、スポーツトレーナーになるに別途専門的な知識も必要です。
アメリカなどでは国家資格としてスポーツトレーナーの資格があり、取得していれば国際的に活躍することができるかもしれません。
学校によってはアメリカに留学できたり、研修に行けたりするところもあるので、本場のスポーツトレーナーの技術を身につけることができるでしょう。
将来の話としては関連する資格や技術、知識はたくさん持っていて損はありません。
スポーツトレーナーの仕事をしないとしても、スポーツをしている学生などが骨折などの治療に来ることがあり、その時に柔道整復師としての治療とスポーツトレーナーとしての助言ができるでしょう。
スポーツに強いことが売りになって多くのアスリートに来てもらえるかもしれません。

次の記事へ