TOP > 大阪の柔道整復師の学校について > 柔道整復師養成学校は昼間校か夜間校か

柔道整復師養成学校は昼間校か夜間校か

医療に関する資格は多くが国家資格になっていて、その資格を持っていないと治療などの業務が行えません。
さらに国家資格を得るには単に国家試験に合格するだけでなく、事前に受験資格を得るために養成学校を修了が求められるケースがほとんどです。
人気のある医療資格の一つに柔道整復師があり、こちらも国家資格で国家試験に合格しないと業務が行えません。
専門学校や大学や短大などに養成のためのカリキュラムを持つところがあるので、それらを修了すれば受験資格が得られ合格すれば晴れて資格が取得できます。
これから柔道整復師を目指すのであればまず学校選びをしなければいけないでしょう。
柔道整復師に関しては、いろいろな人がしてみたいと感じているようでまずは自分の現在の状況から学校選びをしてみると良いでしょう。


柔道整復師になりたいと感じた時が高校を卒業する前の時、高校卒業後の進路として養成学校を選択すると良いでしょう。
このときに選ぶと良いのが昼間に授業を開講している学校です。
大学や短大の多くが昼間に行っていますし、専門学校でも昼間のコースを用意しているところが多いです。
昼間のコースのいいところとしてカリキュラムが充実しているところでしょう。
柔道整復師の国家試験を受けるために必要な科目をしっかり履修しつつ、それ以外に業務として行うための技術などを勉強することができます。
実習の時間が多くとられているので、座学だけでなく実際に体を動かして学べる授業があります。
手などを使って患者の様子を見ながら治療をして行く仕事になるので、実習を学生時代にたくさんしておけば、現場でも仕事がしやすくなるでしょう。


既に社会人として働いている人や大学に通っている人が柔道整復師になりたいと感じることがあるかもしれません。
もちろん仕事を辞めたり、今通っている大学を辞めて昼の養成校に通うこともできます。
それ以外に今の生活をしたまま養成学校に通う方法もあります。
柔道整復師を養成する学校には夜間校があり、夕方から授業が受けられます。
昼間に働いている人でも勉強できるので、無事資格が取得出来てから仕事をどうするかの判断ができます。
別の学校に通っている人も、昼間にそれまでの勉強をしつつ柔道整復師になるための勉強もできます。
夜間学校は昼間の学校に比べると授業時間が短くなりますが、国家試験受験のための単位は取れるようになっています。
実習などが少なくなる分、より効率的に学べるよう考えてくれています。

次の記事へ